ブレストセンターにマリア像を寄贈しました

2009年3月27日

ブレスト&イメージングセンターのオープンに伴い、聖医会より『ルルドのマリア様』のご像を寄贈いたしました。

また、3月24日には福田神父様のもと祝福式を行いました。

『ルルドのマリア様』について

聖母マリアは1858年にフランスのルルドで少女ベルナデッタに現れました。ルルドは南フランスのピレネー山脈の山麓にある町です。

1858年2月11日から4月7日まで、合計18回にわたって御出現なさりました。「私は無原罪の御宿りです。」と名乗られました。また、「罪人のために祈りなさい」と言われました。

そのしるしとして、多くの奇跡がありました。特に聖母に言われたところを掘ってみると、泉がわき出て、その泉を飲んだり浸した病人が奇跡的に治る等のことが続発しました。

今ではルルドは有名な巡礼地となり、毎年500万人以上者人たちが訪れます。多くの病人達が訪れ、御出現のあった洞窟の前で、ミサ聖祭にあずかってロザリオを唱えています。


image

ページトップへ