BMJに26回生の井上顕先生の報告が掲載

2019年12月6日


本学26回生で現在、高知大学教育研究部医療学系臨床医学部門保健管理センター教授の井上顕先生を筆頭著者とした「The risk of overwork death (karoshi) in the wake of natural disasters」(Inoue K, et al)が世界屈指のMedical Journalである「BMJ(British Medical Journal)」のopinion域に2019年11月29日付で掲載されました。
現在、BMJのImpact factor は27.604です。主視点等を含め詳細は下記ホームページにあります。
本学の卒前教育内容が学生時代のみならず医師となってからもしっかりとしたベースになるものだと考えています。

http://www.kochi-u.ac.jp/information/2019112800017/


ページトップへ