新型コロナウイルス感染症対応への支援のお願い

2020年5月22日

新型コロナウイルス感染症に対して母校である聖マリアンナ医科大学は今年の2月からダイヤモンドプリンセス号の横浜港へ寄港しその後の活動に対し、可能な限りの支援を継続し、現在に至っています。先日はNHKのクローズアップ現代で取り上げられ、その後英国のBBC放送でも取り上げられました。
聖マリアンナ医科大学にはこれまでに300件以上のマスク、お弁当、お菓子などの支援物資、また300件以上の支援金が届いています。

下記のURLにて大学の新型コロナウイルス感染症対応への支援のお願いがご覧いただけます。現状の病院の厳しい状況を鑑みてより一層のご協力をお願いいたします。勿論現在はご自分の診療所の経営や常勤職員の勤務が厳しい状況はわかっておりますが、皆様の格別のご理解とご協力を賜れればと思います。

https://www.marianna-u.ac.jp/houjin/contribution/covid19-support/


ページトップへ