署名活動へご協力のお願い

2021年1月20日

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、2016年に起きた24回生の関根進先生の『乳腺外科医師えん罪事件』につきまして、各方面から様々な疑念や抗議の声が上がる中で、同窓会としても何か支援をしたいと考え、この度皆様に署名活動へのご協力をお願いすることといたしました。
事件の経緯はパンフレットをご覧いただくか、また『外科医師を守る会』のサイトにも詳しく掲載されておりますのでご一読いただければと存じます。
この度の判決は科学的根拠が大変希薄で、医学的ではない部分で判決が出されていると感じております。例えば、この事件では、術後30分の患者がせん妄状態にあったかどうかが大きな争点になっています。弁護側が招聘した「せん妄医療の専門家」である、大西秀樹氏(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授)がDMS-5に則って、せん妄状態にあったとする鑑定も排除しています。このような医学というサイエンスと相容れない不当な判決が認められてしまうことは、今後の地域医療の現場、そして医学にとっても大変マイナスなことだと思います。
現在、判決後最高裁判所へ上告をしておりますが、多くの署名を集めることが、上告が受理されるために有効な行動だと考えます。
ご賛同いただける方は署名用紙にご記入の上、郵送またはFAX、PDF(メールに添付)いずれかにて聖医会あてにご返送をお願いいたします。お手数をおかけいたしますが、趣旨をご理解頂き、ご協力いただきますようお願い申し上げます。
 
署名用紙返送先:〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1 聖マリアンナ医科大学聖医会 御中
FAX:044-977-7939
E-mail:seiikai@marianna-u.ac.jp

『外科医師を守る会』
『乳腺外科医師の高裁判決に対する日本医師会、日本医学会の声明に賛同する医師の会』

>チラシPDF
>署名用紙PDF


ページトップへ